ドラクエ振り返りドラクエ7TOP

ダイアラック編・オルフィー編


ダイアラック(1)
■ 今回の舞台は、小さな孤島。異色感がある。
■ 町に入ると、住人の姿は見当たらず、石像だらけ。思いがけない状況。
■ 井戸の付近に行くと、老人が一人おり、事態が明らかになる。
■ この老人は、「天使の涙」というアイテムをくれる。(石化を治す効果。)この町の石像は、風化が進んでおり、既に手遅れだという。


■ ひとまず休眠。夜中、主人公のみ目が覚める。(意外な展開。)一人で散歩を開始する。
■ 石像を調べる度、過去のダイアラックが映し出される。非文明的な共同体社会で、定期的に雨乞い。過酷な環境の中、皆生き生きしている。また、町内に大きな石柱があり、人々はこれに象徴性を見出していた。

■ 北西の家に行き、扉の前の石像を調べる。記憶が映し出されたあと、石像は砕け散り、家に入れるようになる。(きついシーン。)
■ この家の本棚を調べると、子供が書いたらしいメモがある。隠し階段について分かる。
■ 改めて老人と話すと、「灰色の雨」のことを語り出す。もう一度話しかけると、この老人は「クレマン」と名乗る。




ダイアラック(2)
■ 隠し階段を下り、「秘密基地その2」に到着。
■ 奥のロープをよじ登っていくと、例の石柱の上に出る。(ちょっと意表を衝かれた。)

「天使の涙」を振りまく。東に下り階段が現れ(秘密基地その1)、子供が飛び出してくる。地下で石像になり、風化を免れていたため、「天使の涙」の力で復活した。
■ この子供は、例のメモの書き手。生意気な口調や性格で、イメージ通り。
■ 灰色の雨も、「天使の涙」も、地下室まで届くらしい。雨漏りだろうか。
■ ヨゼフがいた場所(秘密基地その1)に行き、樽から「不思議な石版黄」を入手。


■ クレマンとヨゼフで再出発。しかし、プレイヤが期待するハッピーエンドではない。え?これで終わり?と思った。従来のドラクエとは、どこか違う。




ダイアラック(現代)
■ エスタード島の南東に位置。

■ PS版では、石柱の前に老人が一人。(クレマンを連想させる。)流浪を経て、ここに辿り着いたらしい。
■ この老人の名はシム。ダイアラックの跡地は、シムを中心とし、移民の町として再生していく。(移民システムは、本作が初。他には、4のリメイク版にある。)
■ 3DS版では、シムは登場せず、代わりにティアという少女がいる。

地面から「不思議な石版緑」入手。




オルフィー
■ のどかな田舎町。(村っぽいが、公式では町。)見た感じ、不穏さはない。しかし、町内を巡ってみると、すぐにおかしさに気付く。
■ 秘密の正体に気付いた瞬間、全てが腑に落ちる。
町内の北東に行き、小屋に入る。イベントが発生。

■ エスタード島に戻り、木こりの家(フィッシュベルの西)に行く。(あの素朴な空間が、ここに来てクローズアップ。)この木こりは、動物と話せるという設定。
■ 木こりに事態を知らせるも、信じようとしない。(リアルな反応。)しかし、側にいる猫の意見を聞き、考えを変える。(理性よりも、動物の直感。)


■ 木こりを連れ、オルフィーに戻り、北東の小屋に入る。イベントが発生。
町の動物たちと話す。彼等はそれぞれ、屋外、牧場、道具屋の二階、北の家にいる。(結構、手間が掛かる。)




魔封じの洞窟

魔封じの洞窟


■ 山ダンジョン。PS版では、ボス戦で呪文が使えない。(3DS版では普通に使用可。)薬草を買い込んでいく必要あり。
■ ここには、「カニおとこ」、「とさかへび」、「ホイミスライム」など強敵が出現。今までのダンジョンに比べ、苦戦を強いられる。
■ PS版では、通路が少し分かりにくい。よく見ると、壁に穴(出入り口)があったりする。
■ 洞窟内には、「不思議な石版青」が二つ。


■ 最上階に着くと、そこには狼の姿。直後に、階段から少年が現れる。
■ イベントのあと、ボス敵「デス・アミーゴ」登場。ふざけた名前と恰好、でっぷり体型。道化師のような雰囲気だが、強ボスに類する。キーファは「かえんぎり」連発。
■ 木こりはこの戦闘中、自前の薬草でパーティを援護。また、攻撃もしてくれるが、まともなダメージは入らず。(力は強い筈なのだが、武器持っていないのだろう。)

■ 勝利後、少年&狼の話を聞く。(木こり頼り。)少年の名前は「ガボ」で、正体は「白い狼」の一族。そして、この狼は、ガボの育ての親。




オルフィー、謎の神殿
■ 木こり共々、オルフィーの町に帰還。北東の小屋に入り、農夫と話す。
■ 小屋を出ると、目の前にガボ・狼の姿。木こりが彼等を連れていく。(このとき、ガボは「行く」という言葉を喋る。ちょっと驚いた。)

■ 町を出ると、木こりたちが待っている。彼等共々、渦に飛び込み、謎の神殿に到着。
■ 木こりとガボが、神殿の中で会話を始める。(独特の光景。)ガボは「行く」、「一緒」という言葉を喋る。遂に4人パーティに。


■ オルフィー編の物語は、これで終了。人間・動物・道化師モンスター、三者が織りなす童話的ストーリー。前回(ダイアラック編)に比べ、陰鬱さはあまりなかった。




オルフィー(現代)、魔封じの洞窟(現代)
■ 現代のオルフィーは、牧歌的ないい町。
■ クイズにしっかり正解すると、「モンスター図鑑」をくれる。
武器屋の宝箱に「不思議な石版緑」。


■ 現代の「魔封じの洞窟」を探索。過去と同種のモンスターが出現。
■ 最上階に行くと、ある男がおり、ガボを喋れるようにして貰える。更に、「不思議な石版青」をくれる。




⇐エンゴウ編  フォロッド編1⇒



ドラクエ振り返りドラクエ7TOP