ドラクエ振り返りドラクエ7TOP

山賊のアジト、メザレ


ダーマ神殿
■ 現代世界にも、「旅の宿」がある。カジノも健在。
■ 続いて、現代ダーマに到着。あまり変わっていないが、例の地下道は閉ざされている。
地下1階の宝箱に「不思議な石版黄」。


■ 改めて、過去ダーマに行ってみる。地下1階の宝箱に「不思議な石版黄」。
■ 転職の祭壇へ。主人公(えにくす)を僧侶、マリベルを魔法使い、ガボを武闘家にした。

■ ダーマ南の岩山は、何故か消えている。普通に「吹き溜まりの町」に到着。
■ 人々がだいぶ去っており、町は寂れている。銀行の人もおらず、宝箱が取れる。宝箱の一つから、「不思議な石版黄」入手。この石版、取り忘れしやすい。




山賊四人衆
■ 現代世界には、「吹き溜まりの町」はもうない。(流石に存続せず。)
■ 町があった場所に行くと、画面が切り替わり、一帯に平地が広がる。神父が倒れているが、いかにも怪しい。

ボス戦発生。「さんぞく」+「さんぞく兵」+「さんぞくマージ」+「エテポンゲ」。この戦闘は、とにかくきつかった。4度くらい全滅したあと、ようやく勝てた。勝利時のレベルは17。
■ 四者の中で、取り分け厄介なのは、「さんぞく」と「さんぞくマージ」。前者は毒蛾の粉、後者はラリホーを使用する。




山賊のアジト
■ 合言葉を盗み聞きし、侵入に成功する。(ずさんな警備体制。)
■ エポテンゲ(腐った死体と同型)が料理担当らしい。

■ ある部屋で、「さんぞくのカシラ」登場。予想外の見た目。(ドラクエスタッフ、相変わらず意表衝いてくる。)
■ 問答のあと、そのまま戦闘開始。「さんぞくのカシラ」は、攻撃力があり、イオラも使ってくる(MPは多くない)。油断すると、容易に追い込まれる。しかし、3対1なので、勝つのは難しくない。
■ カシラは、「不思議な石版黄」をくれる。強者に石版を託したかったらしい。そのための戦闘。(ありがちなパターン。)

■ タンスの中から、「さんぞくのカギ」を取得。これを使い、宝物庫に入る。(人のアジトでやりたい放題。)宝箱は二つあり、どちらも普通の武具だが、金策として重要。(本作は、しばしばお金が不足する。)




メザレ(1)
■ 場所は、ダーマ(現代)の東の小島。田舎の閑静な町で、道も舗装されていないが、建物は結構近代的。酒場もある。
井戸の中に、「不思議な石版黄」がある。宿屋のタンスには「海賊の服」。


酒場に行き、二コラと話す。英雄に憧れる青年。(今作、色んなキャラ出してくる。)
二コラの家に行き、改めて話す。(小高い台地の上。恐らく、町内の名家。)二コラは、「まほうのじゅうたん」をくれると言う。
■ 二コラのあとを付いて行き、森の中にある階段を下りる。地下空間を進み、ロープをよじ登ると、そこは教会内の細い通路。(この町、訳の分からない構造。)
■ 階段を上り、二階の隠し部屋に到着。宝箱を一通り漁ったあと、二コラと会話。「まほうのじゅうたん」を貰い、町の外で使ってみるも、飛ばない。




メザレ(2)
■ 二コラの家に行き、メイドと話す。家を出ると、メイドが追ってきて、二コラの様子見を頼まれる。
■ さっきの隠し部屋に行き、二コラと話す。二コラは、「飛ばないのは、主人公たちに資格がないから」とか言う。(何やら、自分の世界に入っている。)

■ 改めて、メイドと話す。どうやら、本物の「まほうのじゅうたん」は隠してあるらしい。先代の意思とのこと。また、「『人魚の月』という宝を持ってくれば、本物をあげる」という話をされる。(RPGらしい展開。)


■ このメザレ編、戦闘は一切ない。ハードなダーマ編のあと、少し息抜きができた。




⇐ダーマ編  砂漠の城編⇒


<Part1>
 フィッシュベル編

 謎の神殿

 ウッドパルナ編

 エンゴウ編

 ダイアラック編・オルフィー編

 フォロッド編

 フォロッド編2

 グリンフレーク編・ユバール編


<Part2>
 ダーマ編

 山賊のアジト

 砂漠の城編

 クレージュ編

 リートルード編

 ハーメリア編

 世界一高い塔

 プロビナ編

 ルーメン編

 マーディラス編

 ユバール編2


<Part3>
 聖風の谷編

 レブレサック編

 コスタール編

 コスタール編2

 天上の神殿編

 魔空間の神殿

 炎の精霊編

 風の精霊編

 大地の精霊編

 ダークパレス



ドラクエ振り返りドラクエ7TOP