ドラクエ振り返りドラクエ7TOP

謎の神殿


探検開始
■ 主人公とキーファ、二人で探検開始。マリベルは、まだ蚊帳の外。

PS版では、地下深くへと続いている。入ってすぐ古代文字に出くわし、主人公は何故かそれを読める。(今作の主人公も、自分自身に謎を抱える。)
PS版では、仕掛けの連続。それらを解き、聖者の武具(4つ)を揃える必要がある。装備品ではなく、重要アイテム。

3DS版では、大幅に簡略化。仕掛けも全てカット。聖者の武具は、エスタード島の二つの遺跡から取ってくる。(それらの遺跡は、3DS版のみに存在。)当ページでは、PS版の手順を示す。




仕掛け1
■ 像が4つ、前後左右に置かれている。中央には燭台。
燭台の火を左から消すと、右の像が火を灯しに行く。(他の方角から消した場合も、同様に、反対側の像が動く。)動いた像(右の像)の下を見ると、縦長のボタンがある。
■ このボタンを踏むと、右上の扉が開く。宝箱から「聖者のかぶと」入手。


■ 味のある仕組みだが、基本的にシンプル。
■ もし像の下のボタンが、「調べる」コマンドで見つかる仕様なら、難易度はちょっと上がる。(しかしこの場合、ドラクエ慣れしてないプレイヤは、詰みかける可能性がある。)




仕掛け2


ライオンの像の前まで。


■ 天秤の右側に乗ると、天秤の左側が上がり、隠されていた入り口が現れる。天秤から降りると、まもなく入り口は閉ざされる。
■ あらかじめ、左の小部屋の扉を開けておく。

■ 天秤を降りたあと、入り口に駆け込み、ライオンの像の場所まで行く。像の口に手を入れ、「古代の鍵」を入手。


■ この仕掛けの要点は、天秤の左側が鉄格子になっていること。つまり、本来の用途(物を載せる)がない。代わりに、別の用途(入り口を隠す)が存在する。




仕掛け3
■ 壁画を見ると、木が4つ横に並んでいる。更によく見ると、各々の木は、二つに枝分かれしている。
壁画を「左→右」と見ていく。一つめの木は、左の枝に葉が付いている。同様に、二つめは右、三つめは左、四つめは左。これに従い、分かれ道を左・右・左・左と進む。


■ 今回の要点は、壁画の「左→右」を、道の「手前→先」に関連付けること。少しモヤモヤ感が残る。(並んでいる絵を、左→右と見る習慣なし。文字とは違う。)また、絵自体が不明瞭。(一部、枝だか葉だかよく分からない。)結構手間取った記憶がある。




仕掛け4
■ 大部屋に到着。溝に筏が置かれている。また、右には水路が見える。
■ 長い梯子を上ると、またも大部屋。ここには、左手像(左手を形作ってる像)、右手像が置かれている。左手像の水晶玉を、右手像に移すと、水が移動する。

■ 下の大部屋に戻ると、溝には水が満ちている。筏に乗って探索し、宝箱から「聖者のつるぎ」、「聖者のたて」を入手。
■ 水路だった場所は、水がなくなっており、出口まで行ける。


■ 今回の仕掛けは、過去作でもよくあるタイプ。
■ 水晶玉を乗せる操作が、少し面倒だった。なかなか乗ったと判定されない。




仕掛け5


置き物の部屋。仕掛けをクリアし、扉を開く。


■ 大部屋を出て、通路を進み、置き物の部屋に到着。
置き物は6つあり、石碑状。それぞれに、モンスターの絵が描かれている。また、床にボタンが4つあり、それぞれ色が違っている。
■ どのボタンに、どの置き物を乗せるかが問題。

■ 大部屋に戻り、階段を下り、台座の部屋に到着。ここは、ヒントの部屋。
■ 台座は4つあり、それぞれボタンが付いている。ボタンを踏むと、柱が飛び出す。(同時に二つ飛び出したりする。)柱の数は全部で4つ。
それぞれの柱には、色付きの模様がある。また、柱の窓が望遠鏡になっており、壁画がよく見える。壁画には、モンスターの絵。
■ ここで、「色」と「モンスターの種類」を関連付ける。

■ 置き物の部屋に戻り、正しく置き物を乗せる。扉を開け、その先の宝箱から「聖者のよろい」を入手。


■ 今回のパズル、情報がやや多い。重要な情報のみ、正確に抽出する必要がある。柱の飛び出し方にも、独特の法則があり、何か意味があるのかと思ってしまう。(実際は意味なし。)また、二つの部屋を行き来する内に、集中力が途切れる。
■ 正解の置き物を置くと、カチッと音がする。(だから、実はしらみ潰しで済む。)




聖者の像
■ 聖者の像の部屋に行く。4つの像それぞれに、聖者の武具を装着させると、正面の扉が開く。
■ どの像に、どの武具を装着させるか?ヒントは、洞窟内の石碑の文。石碑の場所には、天秤の大部屋から行ける。(二階層下。)
■ 正解は、左から鎧、盾、兜、剣。


■ ヒントは、難しくはない。例えば、「第3の聖者は炎をつかさどる者。炎の聖者が怒りに燃えるとき、わきあがる魂の炎は、何者にもおさえることはできぬ。神たる理性で怒りをおさえよ。」これにより、三つめの像には、兜を装着させるべきと分かる。




仕掛け6
■ 通路を抜け、広間に到着。奥に扉があるが、閉ざされている。
■ 扉の左右には、大きな像。それぞれの前には盤。(3×3マス。)盤の土台部分には、宝石が埋め込まれている。

■ まず、左右の像の持つ燭台に、それぞれ火を灯す。(火の色は、宝石の色と同じにする。)すると、盤の一部のマスが光る。
■ 次に、部屋中央の燭台群(3×3に配置)に注目し、マスと燭台を対応させる。これにより、どの燭台に点火すべきかが分かる。(火の色に注意。)かくて、部屋奥の扉が開放。


■ 色々凝っているが、パズルとしてはシンプル。
■ これをもって、全てのパズルが終了。少しじれったかった。

■ 扉に入り、探索を開始。4つの小屋が置かれた大部屋あり。(何やら、不可思議な空間。)そして、台座の部屋が4つ。
■ 小屋の部屋と、台座の部屋(の一つ)で、「ふしぎな石版黄」を拾う。続いて、それらを特定の台座にはめる。(はめる操作、結構手こずった。)




フィッシュベル
■ 神殿を出ると、キーファがひとまず別れる。


■ フィッシュベルに帰還。すべきことが分からず、ちょっと戸惑う。
■ こういうときは、取り合えず会話。港にいる漁師と話すと、「ボルカノが漁の最中、何かを見つけた」という情報が得られる。
■ 自宅に行き、ボルカノと話し、「ふしぎな石版黄」入手。




⇐フィッシュベル編  ウッドパルナ編⇒



ドラクエ振り返りドラクエ7TOP