ドラクエ振り返りドラクエ7TOP

リートルード編


リートルード
■ 文化的で明るい町。開放的な雰囲気。中世後期のヨーロッパを思わせる。一見、異変はない。
■ 床のデザイン、目がチカチカ。偏屈な建築家・バロックが設計したらしい。その芸術センスは、賛否両論だという。(やはりそうか。)
■ 例の像(バロック作)は、岡本太郎の「太陽の塔」がモデルだろう。
■ 防具屋の品ぞろえがいい。「まほうのほうい」推奨。攻撃呪文のダメージを減らせる。

■ まず、クリーニ(医師)の家に行く。クリーニ、宿屋の女将、エイミ(宿屋の従業員)が会話中。エイミが怪我したらしい。
■ 宿屋で宿泊後、北の橋に行き、兵士と話す。(この橋の名称は、「バロックの橋」。)話題は開通式のこと。
■ 町に戻って宿泊。改めて、北の橋の兵士と話す。バロックに会うことを勧められる。


■ 東に行くと、「バロックのアトリエ」がある。バロックと話し、「時計塔の鍵」を入手。バロック、終始横柄な態度。




時の狭間の洞窟(1)
■ リートルードの時計塔に行き、鍵を開けて中に入る。(入り口は裏にある。)レバーを押し、時計を止めると、時間が停止。(SFの世界。)

クリーニの家の地下に行き、絵(バロック作)を調べる。「時の狭間の洞窟」にワープ。
■ このダンジョンは、平面の足場があるのみで、壁は存在しない。そして、周りの空間には、家や柱が浮いている。(ここは一体、何次元なのか。)飛び降りると、別の通路に行ける。
■ ワープゾーンが迷路を形成。それほど複雑ではない。結構適当に攻略できる。


■ ここには、「ダンスニードル」、「スマイルロック」、「ハングドエイプ」などが出る。「ダンスニードル」は「すてみ」を使うが、大したことない。(むしろ、倒しやすくなっていい。)「スマイルロック」は、「力を溜める」以外、特に注意点はない。
■ 壺の一つに、「はやてのリング」がある。




時の狭間の洞窟(2)

時の狭間の洞窟2


■ 意味ありげなエリアに到着。床にXII(12)の文字がある。(最初、「ドラクエVII」の「VII」かと思った。よく見たらXII。)
■ そこを基点とし、反時計回りに進むと、新しいワープゾーンが出現。これのヒントは、石碑の「終わりより始まりへ」。(詩的な文言。)


ボス敵「タイムマスター」登場。メラミ、イオラを使う上、攻撃力も高い。マジックバリアも使ってくる(敵全体に掛かる)。手下の「マキマキ」二体は、「時の砂」を使用(1ターン目に戻す)。結構、苦戦させられる。
■ 勝利後、「不思議な石版黄」を入手。
■ 砂時計破壊後、「時の砂」を入手。




バロックの橋
■ まず、町長の話を聞く。続いて、バロックと話す。
■ エイミは最初、一発キャラかと思ったが、改めてスポットが当たる。
■ 橋を渡ると、リートルード編は実質終了。その後、別の物語が待っている。(ゲームの進行とは無関係。)ネタバレになるので、詳細は控える。


■ このリートルード編は、まず、異変に気付くまでが面白い。何かが変だ、という感覚が、段々確信になっていく。
■ その後の展開もいい。異変が起きているのに、町の人々は気付かない。気付かせることもできない。そんな中、一人だけ勘付いている人を見つけ・・・このパターン、王道ではあるが、やはり高揚する。

■ バロックだけ異変に気付いたのは、常々、既成の世界観を疑っているからだろう。また、人間であるバロックが気付いた、ということは、他の人々も気付くことは可能だった筈。しかし多くの人は、(良くも悪くも)日々の生活空間に取り込まれ、世界観そのものを疑わない。




リートルード(現代)、バロックタワー
■ 現代のリートルードも、にぎやかで活気のある町。
■ 町内には、「世界ランキング協会」の本部がある。
■ 学者の家(過去ではクリーニの家)に行き、地下室に入る。宝箱から「不思議な石版緑」を入手。


■ 町の東には、「バロックタワー」がある。バロックが手掛け、その死後、娘のエイミが完成させた。
■ 仕掛けだらけで、独特の雰囲気。難易度は高くないが、手間は掛かる。
■ 柱のモンスター、「エンタシスマン」。不思議な踊りを使ってくるので、速攻して倒すべき。メラミは効きにくいので、イオラ、「とおぼえ」推奨。

■ 最上階に行くと、四角形の溝が目に入る。この溝に入り、隅の穴から落ちる。(PS版だと、この穴、気付きにくい。)
■ 貯水池らしき場所に着地。(水深は浅い。)通路への入り口があり、その先に床ボタン。(PS版だと、この入り口、気付きにくい。)

宝箱から「不思議な石版黄」、「不思議な石版緑」を入手。
■ 石碑があり、バロックの言葉が刻まれている。バロックの心情が明らかになり、リートルードの物語は完結。


■ この塔には、「タマゴロン」という敵が出る。面白いモンスターなので、すぐには倒さず、様子を見るとよい。




⇐クレージュ編  ハーメリア編⇒


<Part1>
 フィッシュベル編

 謎の神殿

 ウッドパルナ編

 エンゴウ編

 ダイアラック編・オルフィー編

 フォロッド編

 フォロッド編2

 グリンフレーク編・ユバール編


<Part2>
 ダーマ編

 山賊のアジト

 砂漠の城編

 クレージュ編

 リートルード編

 ハーメリア編

 世界一高い塔

 プロビナ編

 ルーメン編

 マーディラス編

 ユバール編2


<Part3>
 聖風の谷編

 レブレサック編

 コスタール編

 コスタール編2

 天上の神殿編

 魔空間の神殿

 炎の精霊編

 風の精霊編

 大地の精霊編

 ダークパレス



ドラクエ振り返りドラクエ7TOP