ドラクエ振り返りドラクエ7TOP

魔空間の神殿


謎のほこら
■ 飛空石を取得後、どこに行くべきか迷う。取り合えず、あちこち飛び回り、未知の場所がないか探す。
■ ハーメリアの北で、岩山に囲まれた地帯を発見。ここに着陸し、「謎のほこら」に入る。
■ 中には、黒衣の怪しい男がいる。話し掛けると、自ら「いにしえの賢者」と名乗る。(珍しいパターン。)続いて、「全ては運命」といった話をし、「不思議な石版?」をくれる。

グランエスタード城に行き、王と話す。どうやら、「発掘現場」に空洞が発生したらしい。(ラスボス、遂に反撃開始。今まで、秘かに計画を練っていたのだろう。)王はまた、「魔物が人間に危害を加えるなど、これまで一度もなかったことだ」と言う。(危害加えられていたのは、主人公たちだけなのか。)


■ 「発掘現場」に行き、問題の空洞に入る。台座の場所まで行き、3つの「不思議な石版?」を使う。それぞれ、バリクナジャが持っていた物、サンゴの洞窟(現代)で見つかる物、「謎のほこら」の賢者に貰った物。




魔空間の神殿


橋の場所から、最終フロアまで。


■ 意外に、変哲のない建物。最初、見えない橋を渡る必要があるが、その後は普通に進める。しかし、構造はかなり複雑で、攻略に時間を要する。
■ 目に付く敵は「オークデビル」、「プロトキラー」、「あくま神官」など。「プロトキラー」は、「からくり兵」と見間違う。
■ 一部のフロアには、「はぐれメタル」がよく出る。

■ 宝は一切ない。5階に宝箱があるが、ミミック。
■ このダンジョンでは、移動中もミミックと遭遇する。一番の強敵。


■ 最上階は、異様な空間が広がる。奥まで進むと、魔王オルゴ=デミーラ登場。主人公らに対し、「神よりも自分に従え」といった話をし、「戦わず引き返す」という選択肢を与える。(過去作の魔王とは、一味違う。)
■ 戦闘開始。第一形態は、「あやしい瞳」(相手を眠らせる)が厄介。攻撃に重点を置き、早めに倒すのがよい。推奨レベルは30~32くらい。
■ 第二形態は、突進が熾烈。毎ターン、回復に重点を置き、高いHPを保っておく必要がある。


■ 撃破後、帰還を開始すると、ほどなく謎の声が聞こえてくる。「一度は絶えようとも、再び目覚めくる。神に代わりて、この者たちに祝福を与えん。」この声の主は、オルゴ=デミーラだと思われる。(自らを正義と思っている、ということだろう。)




マーディラス(現代)
■ 主人公らがすべきことは、神の復活。これを成功させれば、ストーリーは完結する筈。
■ まずフィッシュベルに帰り、ボルカノ・マーレと話す。続いて、グランエスタード城に行き、王様と食事会。


■ マーディラス城(現代)に行き、女王グレーテと話す。その後、大神殿に行くと、トューラ弾き大会が始まる。意外にヤジが多く、まるで宴会。
■ 終了後、マーディラスの城下町に入り、ヨハンの家に行く。(師匠と同居。)二人は対話の真っ最中で、師匠がヨハンに夢を託す。

■ ヨハンを仲間にし、「神の祭壇の湖」の湖畔に行く。(この地域は、魔王撃破後に復活した。)




神の祭壇(現代)
■ 現代のユバール族は、熱度がいまいち。世界が既に平和なのと、信仰心自体の薄れ。
■ 過去ユバール編と同様、「湖の洞窟」に入る。敵は普通に出現。(過去とは別のモンスター。)湖の水を引かせる。
■ 皆で祭壇に集合。例の儀式ムービーを経て、神様が復活する。いかにも、神様っぽい風貌。そして仰々しい台詞。どこか怪しい気もするが・・・。


■ 族長がアイラに対し、自由を言い渡す。返答を待たず、(主人公たち共々)遠方に飛ばす。ちょっとした名シーン。
■ 着いた場所は、「謎の遺跡」。ヨハンも一緒に飛ばされており、その場で主人公たちと別れる。(どうやって帰るのだろう。)

■ フィッシュベルに帰還。船に行き、コック長と話す。宴開始後、ボルカノ・マーレと話す。
■ グランエスタード城に行き、大団円。しかし、ストーリーはまだ終わらない。




⇐天上の神殿編  炎の精霊編⇒


<Part1>
 フィッシュベル編

 謎の神殿

 ウッドパルナ編

 エンゴウ編

 ダイアラック編・オルフィー編

 フォロッド編

 フォロッド編2

 グリンフレーク編・ユバール編


<Part2>
 ダーマ編

 山賊のアジト

 砂漠の城編

 クレージュ編

 リートルード編

 ハーメリア編

 世界一高い塔

 プロビナ編

 ルーメン編

 マーディラス編

 ユバール編2


<Part3>
 聖風の谷編

 レブレサック編

 コスタール編

 コスタール編2

 天上の神殿編

 魔空間の神殿

 炎の精霊編

 風の精霊編

 大地の精霊編

 ダークパレス



ドラクエ振り返りドラクエ7TOP